雑誌掲載のお知らせ

10/8金曜日発売の雑誌「ビーパル」(小学館)11月号の「地球を切り取る」コーナーで代表・高野丈が自然写真家として紹介されました。井の頭公園の野鳥を中心に作品数点と活動がカラーで紹介されています。
LinkIconビーパル公式ページ

NHK「おはよう日本」出演のお知らせ

来る1月29日土曜日のNHK「おはよう日本」に代表、高野丈が出演します。すてき旅 「都会のオアシスを楽しむ ~東京・井の頭公園~」のコーナーで井の頭公園のバードウォッチングを案内させていただきます。OA時間はおおむね7:30~40頃からの予定です。よろしければご高覧下さい。

雑誌掲載のお知らせ

11/12金曜日発売の雑誌「東京人」12月増刊「井の頭公園とジブリ美術館」特集号で当会の活動と井の頭公園の野鳥について紹介されています。
東京人の紹介ページです
他にも代表高野の井の頭公園の四季の写真、井の頭かんさつ会の活動紹介などが掲載されています。井の頭公園の歴史から宮崎駿さんのユニークなインタビューまで掲載されている保存版がワンコイン500円はお得です。ぜひご一読下さい!

募集を締め切りました。多数のお申込ありがとうございました!

「多摩の生物多様性シンポジウム」のお知らせ

多摩の自然を学ぶ「体験型」シンポジウム〜多摩の生物多様性シンポジウム~

「話そう。100年先の井の頭公園。」

JTP100516_0011.jpgJTP100724_0719.jpg
 財団法人東京市町村自治調査会では、平成22年11月5日(金)に、多摩地域の生物多様性保全について自然を学びながら考える「多摩の生物多様性シンポジウム」を、武蔵野公会堂及び井の頭公園にて開催します。
 シンポジウムでは、「生物多様性の保全と持続可能な利用」についての理解を深めるため、10月に愛知県名古屋市で開催されるCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の目的・意義を解説するとともに、多摩地域における生物多様性保全に関する活動事例や、アロマセラピスト・大橋マキ氏が、生活の中で実践している取組について紹介します。また、井の頭公園にて自然観察会を行い、100年後の井の頭公園をイメージしながら、「生物多様性の保全と持続可能な利用」のために「今できること」を話し合います。
地域の中で私たちに何ができるのか、一緒に考え行動してみませんか?

「多摩の生物多様性」シンポジウム 実施概要
日時 :11月5日(金) 13:30-17:00 (13:00~受付)
会場 :武蔵野公会堂(武蔵野市吉祥寺南町1丁目6−22)
(交通/JR中央線・JR総武線「吉祥寺駅」南口徒歩2分)
地図 :http://www.musashino-culture.or.jp/koukaido/
参加費 :無料
主催 :財団法人東京市町村自治調査会・東京都市町村職員研修所
詳細・申し込み:申し込みフォームのURLからお申し込み下さい。
www.tama-bio.net
お問合せ:「多摩の生物多様性シンポジウム」運営事務局
〒105-0004 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1026号 株式会社アルテミス
サステナブルコミュニケーション事業本部室内
電話 / ファックス03-5157-3782
info@tama-bio.ne

「多摩の生物多様性」シンポジウム イベントプログラム
○生物多様性に関するプレゼンテーション
「COP10と生物多様性」 小島 敏郎氏(青山学院大学教授)
○生物多様性の保全・再生に関する活動事例発表
「多摩の里山を守る活動」 なな山緑地の会(副会長 相田 幸一氏)
「井の頭公園の過去、現在、そして未来」 井の頭かんさつ会(代表 田中 利秋氏)
○日常生活の中での身近な取組み発表
「生物多様性のために私ができること」 大橋 マキ氏(アロマセラピスト)
○自然観察会
  井の頭公園に移動し、 「100年後の井の頭公園」をイメージしながら公園の自然を観察します。
 ※雨天時には、自然観察会の代わりに生物多様性に関連する映画上映及び上記出演者等によるトークセッションを行います。

プログラムの中の自然観察会を井の頭かんさつ会とNACOT(自然観察指導員東京連絡会)が担当します。

地域住民を中心に150名以上の市民が参加しました。今後も継続して協議し、議論を尽くすべきです。

29日に東京都建設局公園緑地部による日産厚生園跡地と井の頭恩賜公園西園整備計画の説明会・意見交換会が行われます

井の頭公園西園整備計画に関する意見交換会

 私たち「井の頭公園を考える会」や協力者のはたらきかけによって、今回の整備計画の事業主体である東京都建設局公園緑地部計画課による計画説明会と意見交換会が開催される運びとなりました。
JTP100715_0037.jpg

意見交換会概要

日時:2010年7月29日木曜日19:00~
場所:三鷹産業プラザ7F 会議室701、702
定員:約100名

ご参加ありがとうございました!いただいた多様な意見を存分に活用させていただきます!!

今回は正式な意見を集め、市民の意思を東京都に知っていただく準備とします!

日産厚生園跡地と井の頭恩賜公園西園整備計画
についての意見交換会

 6月6日に開催した説明会によって、日産厚生園跡地伐採の理由と現況、井の頭公園西園全域の整備に関わる今後の計画を多くの方に知っていただくことができました。出席していただいた方はもちろん、出席できなかった方にも、出席された代表者の方に持ち帰っていただいた情報によって計画を知ったことで、今は多くの方がそれぞれご意見をお持ちのことと思います。
 次の動きとして、今回はそういう多様な意見を出し合う意見交換会を、開催することにしました。折角の貴重な意見も、それを提示して生かさなければ意味がありません。前回も多少の意見交換がありましたが、ブレインストーム的なものに留まりました。整備計画案を持ち帰っていただいてから時間も経っていますし、計画を精読した上でのご意見はまた変わっている部分もあるかと思います。また前回出席できなかった方にも整備計画を知った上でのご意見を出していただきたいと思います。
 今回は各個人・各団体が正式に意見を出し合って、後日東京都の担当者に伝える準備としたいと思います。また、今後の動きについても相談させていただきたく存じます。多くの方のご参加をお待ちしております。
JTP100603_5188.jpg

意見交換会概要

日時:2010年6月27日日曜日13:00~17:00
場所:井の頭地区公会堂1Fホール(井の頭5丁目10 – 24、黒門近く)
主催:井の頭バードリサーチ 保全部(担当:大泉、高野)
お問い合わせ:joe@birdimages.jp 090-7410-3984
2010年6月17日
井の頭バードリサーチ代表 高野丈

多くのご参加ありがとうございました!!
なぜ?これからどうなる??地域の方々に知っていただきたい

日産厚生園跡地と井の頭恩賜公園西園整備計画
についての説明会

井の頭公園西園に隣接する日産厚生園(春光スポーツ倶楽部)は3月末日をもって廃止され、直後から重機による整地が開始され、樹木まで伐採され始めたと思えば、あっという間に作業は進み、あれだけ鬱蒼としていた同地は彼方まで見通せるようになってしまいました…現状、一部の樹木が保存された状態で作業は終わっているように思えます。なぜ折角の緑地帯がこんなに大規模に伐採されたのか?なぜ具体的な説明がなされないのか??この後、同地はどうなるのか???…等々不安と疑問は尽きないと思います。
JTP100514_4944.jpg
私はグループを組織してこの地の鳥類相を365日調査して丸5年になり、この地にかろうじて残された緑地帯と生態系の重要性を把握、保全を訴える立場から、この問題に早くから着目して調査を進めてきました。まもなく同地の管理者となる東京都建設局は私たち地域住民に対して説明会などを開くつもりはないそうなので、私は東京都に代わって現況と整備計画を広く多くの地域住民のみなさまに知っていただき、ご意見を募った上で、それを反映させて意見書を完成させて東京都建設局に提出すべく、今回説明会を開催することにしました。この説明会への多くの方のご参加とご意見をお待ちしております。

説明会概要 説明会は終了しました。ご参加ありがとうございました。

日時:2010年6月6日日曜日13:00~
(説明会の後、意見交換を予定、最長17:00まで)
場所:井の頭地区公会堂1Fホール(井の頭5丁目10 – 24、黒門近く
主催:井の頭バードリサーチ 保全部(担当:大泉、高野)
お問い合わせ:joe@birdimages.jp
2010年5月31日
井の頭バードリサーチ代表 高野丈

2010年2月

成美堂出版から野鳥図鑑『ひと目でわかる野鳥』が出ました。

この図鑑に当会メンバーが数十点の写真を提供しています!

img20100201084127.jpgこの図鑑はヒメネズミで第4回アニマ賞を受賞し、カワセミの作品や富士山周辺でのいろいろな活動で著名な中川雄三さんの監修のもと、身近な種から希少な種まで370種を掲載している写真の野鳥図鑑です。版形がB5変形で少し大きめなので、フィールドに持っていくよりも家で楽しむタイプといえます。蒲谷さんや松田道生さんの貴重な音源の入ったDVDもついて税込1995円ですので、絶対お得ですよ!

図鑑に掲載された写真例

JTP0512243592.jpgJPT0505030545.jpgJOER9Y4324.jpg

図鑑用の写真に求められるのはわかりやすさです。影が強い写真は向いていません。
作品としては面白くないですが、やわらかめの順光がベストですね。